2016年春のドイツ滞在(12)

こんにちは。ともたろです。
昨日の大雪は、果たしてどこへいったやら。
今朝もレーゲンスブルクは、いい天気です。
c0025187_22071798.jpg
いつものように、枝豆サラダで朝を迎えます。
ヨーグルトやプリンの種類は多すぎて、いつも決められず。
店の冷蔵庫の前で悩み、ドイツ人が買っていくのを見てから、
「私も試してみよう」と1個だけ試しに買っています。
今日のはとろとろ過ぎて、ちょっと甘すぎたかな。
c0025187_22072386.jpg
アパートの向かいのパン屋さんでの収穫。
いちおう言っておきますが、全部食べてませんからね。
少しかじってから、残りをおやつに持ち歩いたりしてます。
c0025187_22160596.jpg
この日は午後から、若者達とレンタル自転車に乗って、
ドナウ河畔を13kmほどサイクリングする計画がありました。
ドナウの向こうにあるのが(見えないけど)レーゲンスブルク。
少し肌寒い日でしたが、川辺の風がとても気持ちよかったです。
だらだら走って、1時間15分くらいかかったかな。
c0025187_22125443.jpg
目的はこちら「ヴァルハラ」です。
ヴァルハラとは、北欧神話の主神オーディンの神殿のこと。
北欧では勇敢に戦って亡くなった戦士が、死後に招待され、
美女ヴァルキューレたちと酒盛をすることになっています。
c0025187_22442941.jpg
19世紀の新古典主義の時代、パルテノン神殿を模倣して、
バイエルン王ルードヴィヒ1世がドナウ河畔に建築。
当時の祖国の英雄たちの彫像をぐるりと奉りました。
c0025187_22134025.jpg
ドイツの歴史と19世紀という時代感覚がわからないと、
見ても面白くはないかな~とは思うんですけどね。
だって中に入ってみたら、こんな感じですよ。
c0025187_22471031.jpg
がらーん。だだっぴろくて、ひたすら彫像だらけ。
ビスマルクやモルトケのような政治軍事畑もいれば。
c0025187_22515509.jpg
バッハやワグナーのような音楽家もいたりします。
なんとなく見たことのある英雄もいれば、
「この人もドイツ人か」って英雄もいたりして。
c0025187_22530726.jpg
とにかくひとつひとつの彫像の前で足をとめて眺め、
名前が読めて「アーあの人ね」と分かれば面白いですよね。
若者達にも説明を繰り返したら、わかってもらえたみたい。
結果的には、展示内容にも非常に喜んでもらえました。
c0025187_23004161.jpg
最近では、ゲームにこの「ヴァルハラ」という言葉が
よく登場するみたいですね。私にはよくわからんけど。
若者達にしてみれば「ヴァルハラにきたー!」ってだけで、
すごく誇らしいことみたいです。とにかく喜んでいました。
c0025187_23050697.jpg
ただし問題がひとつ。
ドイツの自転車のサドルです。
とにかく固いんですわ。まるで、ただの木片です。
走り出してすぐに、私は尻の痛みを感じていました。
「痛い痛い」と叫ぶ私を笑って見ていた若者たちですが、
目的地到着の際には、全員が悲痛の声をあげていました。
こんなお尻の状態で、みな無事に帰れるのでしょうか?
c0025187_23135239.jpg
10分ほど戻ると、集落への入口が目に入りました。
ドナウシュタウフという人口4000人弱の小さな村です。
「体力があったら、ここにも寄ろうね」と事前に話し合っていました。
この集落の高みに、古城跡が見えたからです。
c0025187_23154742.jpg
宗教都市として古くから発展していたレーゲンスブルク。
ハンガリーからの異民族の侵入を防ぐために、10世紀、
レーゲンスブルク司教はこの地に城を築城しました。
ドナウ川の交通の要所として、町はしばらく栄えたのです。
c0025187_23380499.jpg
17世紀にスウェーデン軍に破壊された町は、すぐに力強く復興。
その復興を見たルードヴィヒ1世が、ヴァルハラ建設用地として、
ドナウシュタウフの地を選択したんだそうです。
19世紀末の大火で、またすぐに廃れたようですけどね。
c0025187_23370004.jpg
こちらの古城跡は、綺麗に整備されて残っています。
城門から跳ね橋が、しっかり形になって残っている!
c0025187_23461874.jpg
お堀のしゃきーんとしたラインを見てください。
当時のままなんでしょうか?
やっぱり手入れしたんですよね?
c0025187_23480822.jpg
観光客は、他に見当たりません。
私達だけが、古城を占領している状態です。
c0025187_23490584.jpg
入場料などはとられることなく、
自然公園のように自由に出入りできます。
もっと奥に進んでいくことにしましょう。
c0025187_23543449.jpg
そこには、ドナウ川の絶景が待ち構えていました。
左奥にわずかに見える建築物が、ヴァルハラです。
こりゃ~ハンガリーが攻めてきても、よく見渡せるわ。
c0025187_23555245.jpg
西日があたって、美しい古城。
若者達も感動して写真を撮りまくっています。
よく考えたら、今回の旅で古城を見たのは初めてなんですよね。
ノイシュヴァンシュタイン城ツアーに行った子もいますけど、
あれはまた特殊な演出世界ですし。
c0025187_23574209.jpg
眺めがいいし、お弁当を持ってきて1日居たい気分。
ルードヴィヒ1世が祖国の英雄たちを祀るために、
この地を選んだ理由がわかる気がしました。
c0025187_00025326.jpg
このあと1時間かけて、私達はレーゲンスブルクに戻ります。
お尻は最低の状態ですけど、景色はどこもよかったし、
達成感も半端なかったし、とてもいいサイクリングでした。
c0025187_00081381.jpg
レーゲンスブルクで私達を待っていたのは、
この自転車ツアーに参加しなかったメンバーたち。
この日の晩、ドイツ人を若者アパートに招いて、
手作りの日本食をふるまうという企画があったのです。
それゆえに調理人たちは、外出せずに調理に集中していました。
その結果がこれです。すんばらしい!ブラヴォー!
招待したドイツ人にも、非常に喜んでもらえました。
感謝のしるしとして、お土産までもらってしまいました。
ドイツ人はあまりこんなことしないし、よかったね。嬉しいね。
ということで、この日も非常に充実した1日となりました。

[PR]
by ottohoefler | 2016-04-11 00:24 | 旅行(Reisen)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧