禁断のコロッケ祭り

こんにちは。ともたろです。
台風でもないのに、おいしいコロッケ屋の情報を聞いたら、
コロッケ熱が抑えられなくなってしまいました。
北野天満宮近くの山田コロッケさんにとりあえず走ります。
フライの種類が豊富で、ご近所さんが数人並んでいました。
何を揚げてもらうか悩み、あれもこれもと指さします。
そして、ふと気が付くと…。
c0025187_22474274.jpg
禁断のコロッケ祭りじゃ~~~!
新聞紙にくるんだサックサクのコロッケ、おーいしいいい!
あまりにおいしいので、1食で全種類食べてしまった私。
ちなみに中身は覚えているだけで:南瓜、ビーフ、カマンベール、
ライス、玉子、ハムカツ、ささみ明太子…あとは忘れました。
800円以上購入すると1個おまけしてくれるんです。
ちょっと買いすぎたかな。えへへへ。



More
[PR]
# by ottohoefler | 2016-09-09 00:02 | おいしいもの発見 | Comments(0)

暑いのに、豚骨白鶏ラーメン

こんにちは。ともたろです。
昨日から再びエアコン生活に入っています。
暑い!暑いけど、ラーメン食べにいったった!
c0025187_16320461.jpg
京都祇園泉麺家というお店です。
写真は、特製濃厚鶏豚骨らーめん(1000円)になります。
大盛の青葱、味玉、風味のよい巨大チャーシューを、
どろっどろの豚骨白鶏スープが下から支えていて、
はっきりいってお箸では動きません!
濃厚なんですが、少し辛味があってもいいかなということで、
コチュジャンとにんにくをプラスにトッピングして、
よりドロドロ感を強調しながら頂きました。

店の前を通っていながらも、店の奥が見えないから、
お客さんがいるのかどうか、判断できませんでした。
でも「入れ替わり、立ち替わり」で常にいっぱいですよ~奥さん!
店内が広くないのもありますが、結構流行っているイメージです。
京都人はこってり系がお好みなんでしょうね。
千本も結構ラーメン激戦区になってきたなぁ。

[PR]
# by ottohoefler | 2016-09-03 16:48 | おいしいもの発見 | Comments(0)

ガレット探究の旅

こんにちは。ともたろです。
「京都で美味しいガレットを頂きたい」という夢をかなえるべく、
友人とガレット探究の旅に出て参りました。

1軒目は、蛸薬師冨小路のオルハコシト・カフェです。
(感じのいいソーセージダイニングBrunoと同じビルでした)
大柄なピアスだらけのお兄さんが、がちゃがちゃ音を立てながら、
1人で店をまわしています。なんか、ちょっとがさつなイメージ。
客あしらいも上手じゃないように見えます。客は女性中心なのに。
店内には所せましとシードルの瓶が並べられ、雰囲気はおしゃれでした。
c0025187_23212412.jpg
私達は2000円のランチセットを注文しました。
ガレットとサラダ、飲物、デザートのついたセットです。
運ばれてきたのはこれ。具の組合せを丹念に選んだんだけど
記憶に全く残らないほど、生地が薄くて焦げてる…苦い後味(汗)
あと、シードルってカフェオレみたいにボウルで飲むんですか?
これは本当?(いや、あっているのだったらいいです)
c0025187_23213225.jpg
デザートは、キャラメル味のクレープをセレクトしました。
不味くはないんですが、生地と具の一体感に欠けているような。
試みはいいものの、なんか全体的に残念なイメージが残りました。
会計のときも「そのお皿に入れてだしてください」って言って受け取らないし。
なんかね~。久しぶりですよ、この接客のもやもや感。
もしかして、これがリアルなフランスの再現かっ?
c0025187_23214365.jpg
さて気を取り直して、二次会会場に移動します。
大阪にも店舗を展開している、京都大丸横のシャンデレール へ。
クレープメニュー中心なので、そば粉のガレットはこれだけでした。
大きな抹茶ケーキがついてる!生地はもっちもち!
アイスや生クリーム、間に挟んだチョコとの一体感がすごい!
ガレット対決は、簡単にこちらに軍配があがりました。
シードルは「甘口」と「辛口」の二種があり、せっかくなので
私は両者ともお試ししました。「甘口」がおいしかったです。

大丸によくきているのに、一度も寄らなかったことを後悔しました。
1人でクレープセットを楽しんでいらっしゃるおじさまにも感心。
私もこういう贅沢な午後の時間をマネしたいな~と思いました。
今度から喉が乾いたら、ここでシードルをくいっと1杯ですかね。

[PR]
# by ottohoefler | 2016-09-02 23:56 | おいしいもの発見 | Comments(0)

占領中

こんにちは。こちらはケメ子です。
風通しの悪いところで、寝る習性があります。
「さあ、仕事しよう」とともたろが思ったときに、
先に椅子を陣取っているのも、彼女の特技です。

c0025187_22142027.jpg
「あたしが先にきたんですが、にゃにか?」
c0025187_22160046.jpg
「おやつまで持って来て…でもあたしはどきませんから」
c0025187_22191401.jpg
今日はお使いに出て、きなこシュークリームを持ち帰りました。
私がお使いにでると、自分のための買物のほうが多くなるのです。
ゴージャスなファサードに圧倒され、入ったことがなかった洛甘舎
恐る恐る入ってみると、良心的なお値段の和スイーツばかりでした。
この大きなシュークリームなんて、たった200円だったんですよ~。
ものすごい食べごたえあり!奥様、お買い得です!
(自分の席がないので、撮影のあと床で食べましたけどね)
c0025187_22295968.jpg
夜ごはんの後には、抹茶クリーム・ブリュレ。
特大サイズで、表面かりっかりのブリュレが350円でした。
ボリューム満点な1日を過ごしてしまった。でも大変満足。
ごちそうさまでした。

[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-31 00:11 | ケメ子が一番(Katze) | Comments(0)

シルク・ド・ソレイユのトーテムを観戦して汗腺が開く

こんにちは。ともたろです。
職場の懇親会で、シルク・ド・ソレイユを見に行く機会に恵まれました。
リーガロイヤルホテルで、豪華ランチバイキングを楽しんだあと、
大きなお腹を抱えて、隣のテントに移動するという半日コースです。
私はこのコンセプトが全然わかってなくて、まさか大阪のビルの谷間に、
本当に巨大テントが設営されているとは、想像もしていませんでした。
c0025187_23360897.jpg
手渡された招待券を見てびっくり。すごいお値段。
「これ家族できたら、大変なことになるよね~」
「まさかエアコン効いてないってことはないよね~」
などとおしゃべりつつ、巨大テントの中に入っていきます。
c0025187_23362269.jpg
ダイハツプレゼンツなので、ダイハツカーがお出迎え!
さらにプロジェクトマッピングっていうんでしょうか。
美しい映像が、車のボディにうかびあがっています。
要するに、ここは現実と空想世界の境目。
夢の舞台に歩み寄る前の、準備スペースなんですね。
ポップコーンの強い香りに、つい胃液がこみあげてきて…。
c0025187_23361649.jpg
ショップの上で観客を待ち構えるのは、巨大カエル男。
今回の舞台「トーテム」では、2人の日本人がカエルに
扮装しているようです。どれが日本人かはわかりません。
でもどちらのカエルさんも、現実離れした跳躍力でした。

どの演目もギリギリの危険ゾーンなので、目を見張ります。
ぴょんぴょんと飛び跳ねる主役級の人もよかったんですが、
首や腰に無理な荷重をかけて、それを下で支える人たちが、
腰痛持ちの私にしてみれば、もう罰ゲームにしか見えません。
「あ、それ、将来腰がだめになるから!やめなはれ~っ!」
と汗腺が開きっぱなしでした。

若いうちに稼ぐからいいのか。
保険はどうなっているのか。
(こんなのばっかり気になる)
日本の新体操選手も、よくここに就職してるんですよね。
これを見守る親御さんは、気が気じゃないでしょう。

でもまあ、人間の出来ることの限界に挑戦した、
素晴らしい舞台芸術であることには変わりありません。
生きているうちには、一度見ておいた方がいいかも。
現場は、体調を崩すくらいエアコンが効いていました。
きっと、演者に合わせた温度設定なのでしょうね。
夏場でも、上着を持ってくることをお勧めします。

[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-30 00:05 | 旅行(Reisen) | Comments(0)

さらに暑い隠れ家

こんにちは。こちらはケメ子です。
連日35度超えで、湿度も高い近畿地方。
エアコンなしじゃ、飼い主は生きていけません。
それじゃ飼い猫はどうなのかといいますと。
c0025187_23471456.jpg
おーい、ケメさん?
いちばん風通しの悪いソファの下に寝ている!
しかもここは、エアコンのついていない2階なのです。
c0025187_23472652.jpg
「ケメ子さん、なんで?」と声をかけてみるものの。
「うるさいにゃ~」とだるそうに無視されるばかり。
c0025187_23472194.jpg
ソファ下の他にも、蒸し暑~い押入れの中とか、
蒸し暑く&埃っぽい書庫の古本の間とか、
空気の淀んだ薄暗い空間が、彼女のお好みの隠れ家みたい。
これらの場所の選択ばかりは、理解に苦しみます。
室内飼いの猫さん、夏はどこで休んでおられるのでしょう?
身体を悪くしないのでしょうか?
こんなに毛皮を着こんでいるのに。




[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-25 23:59 | ケメ子が一番(Katze) | Comments(0)

ドルチェグスト・デビュー

こんにちは。ともたろです。
世間の流行からは、かなり後れていることは自覚しています。
この暑い夏に、なんとコーヒーメーカーを購入してしまいました。
c0025187_20592664.jpg

ネスカフェ・ドルチェグスト「ミニミー」です。
水とカプセルをセットしてボタンを押し、30秒ほどで飲物が完成。
取説を読まなくても、とにかく操作が単純明快なのです。
専用カプセルは、ノーマルなブラックコーヒーの他に、
カフェオレやカフェラテなど、バリエーションに富んでいます。
しかもコンビニ入手可能なので、注文の手間いらずです。
これだけ簡単でおいしいと、お客様にも喜んで頂けるでしょうね。
c0025187_2172074.jpg

ウルトラマンのような紅白ツートンカラーに一目惚れした私。
2014年にはドイツで2つの工業デザイン賞を受賞しでいます。
うちのキッチンでも、すごい存在感をアピールしているんですが、
うつむきかげんの丸い頭が、ケメ子さんにちょっと似てるかな。
長いおつきあいになればいいのですが。
[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-18 21:19 | 家具・雑貨 | Comments(0)

加藤財さんの急須

こんにちは。ともたろです。
ポットしか作らない陶芸家、加藤財さんの急須を、
このたび初めて入手することができました。
c0025187_15124223.jpg

噂には聞いておりましたが、持ち手が安定感していて、
蓋が磁石のようにぴったりと閉まり、滴のキレがよく、
内側の茶こしの作りが、これまた丁寧なこと。
いいです!これは長く使えそうです!
c0025187_15223875.jpg

ついでに、我が家の現役ポット群を勢ぞろいさせてみました。
いちばんよく使うのが、ケメックスのハンドブロウ3カップ用です。
来客があった場合は、コーヒーをお出しする機械が多いですから。
3カップ用はしゅっとしてて、デザインのインパクトこそありませんが、
最も持ちやすいように思えます。お道具としてはこれが重要ですね。
c0025187_1524624.jpg

Nils Kählerのポットは、2012年11月に紹介してました。
うちでは、もうハーブティ専門になっています。
恐れ多くて、コーヒーは一度も入れていません。
すごく好きなんですよ~見るたびににやにやしちゃいます。
だけど気軽に使えないのがネックでしょうか(笑)
c0025187_15302910.jpg

安永正臣さんの急須は、2013年7月に紹介していますね。
伊賀の焼き締めのこの土っぽさが大好きです。
これは躊躇しないで、頻繁に使っています。
c0025187_15355125.jpg

こうしてみると、テイストが似通ったものになってますね。
食器棚にスペースがないので、収納の際に
「場所をとらない」という要素も非常に重要です。
出しやすいところにないと、自然に使わなくなりますからね。

実家のカップボードに、鬼の様に並んでいた急須コレクションを思いだしました。
母は旅行が好きで、各地で急須を集めてきては、カップボードに並べたんです。
趣味の悪い父が安い瀬戸物ばかり使い、ほとんどは死蔵品となったんですけどね。
私もこれでしばらくは打ち止め、あるものを有益に使うことに集中したいと思います。
[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-15 00:06 | 和の器 | Comments(0)

安藤正信さんのクレッセントプレート

こんにちは。ともたろです。
退院2日目に出かけたのが、安藤雅信展。
有名処は展示会初日にほぼ売れたらしいのですが、
クレッセントプレート(緑墨釉)をゲットすることができました。
c0025187_1447128.jpg

薄くて軽くて、なかなか使い勝手のいいお皿です。
切り身の焼き魚やお刺身を載せるのに最適。
我が家では、おやつよりも食事時に大活躍しています。
でもシンプルなおやつプレートにも、あいそうですよね。
c0025187_14504013.jpg

「きちんと一汁三菜をつくろう」という入院時の誓いは、
キッチンの暑さで早くも崩れ去ろうとしているので、
小ぶりのお皿を増やして、何とか乗り切ろうと思います!(ん?)
[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-14 15:02 | 和の器 | Comments(0)

Bose Wave Systems

こんにちは。ともたろです。
7月に我が家にやってきた大物はこちら。
憧れのBoseのオーディオシステムです。
c0025187_23154995.jpg
CDをよく聴くので、音のよいシンプルなCDプレイヤーを求めていました。
BOSEの重低音の素晴らしさは、昔から広く知られています。
だけど実際に購入する人って、よっぽどの好きものですよね。
だって無駄に高いんですもの!私も価格の壁で悩み続けました。

でもね、奥さん、届いてみたら、その悩みはすぐに吹っ飛びますわよ。
だって本当に音がいい。臍のあたりに響くようなベースの音が印象的。
Wifi接続させて、携帯からネットラジオの操作をすることができるので、
毎日のようにドイツのラジオを(自然に)選局して聴くことが可能。
地方局とか、クラシック、JAZZ専門局とか、音がいいので贅沢な気分です。
今では、CDよりもラジオを流していることの方が多いですね。

ただし。
ネット接続の設定は、面倒でしたね。(またこれ)
「できる友人」も設定には結構てこずっていましたよ。(←丸投げした人)
外国製って、結局説明書がへたくそなんですよね。

まあ、いったん接続しちゃったらこっちのもんで、
今は重低音のBGM世界に気持ちよく浸っています。
期間限定アクリル製オリジナル台座もついていて、
全体的な見た目もかわいく、お得感も満載でした。
もうランクは下げられないぞー!

[PR]
# by ottohoefler | 2016-08-11 00:15 | 家具・雑貨 | Comments(2)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧