ファイヤーキングのバブルプレート(クリア)

c0025187_0592719.jpg


こんにちは。ともたろです。
1941年から1968年に作成されていたファイヤーキングの
バブルシリーズから、デザートプレートをご紹介します。
「シリーズ」っていってもキズモノの1点買いが多い私は、
これ1つしかもっていないんですが~(-_-;)
光がきらきらと通過してとってもきれいなので、満足してます。

今のガラスとちがって、重量感があるのがいいですね。
こんなにかわいいのに、そんなに気をつけて扱わなくても、
なんとか耐えてくれるところが嬉しいです。
ま、もともとキズモノでしたから(笑)

小さいとき、近所の友人のうちに遊びに行くと、
お母さんがいつもこんなガラス食器におやつをのせて、
だしてくれました。サイズも大きさもぴったりそのままなんです。
(ま、まさかファイヤーキングではなかったでしょうね~~~)
親が働いていた私はなんともうらやましいような、
むずかゆい気持ちでそのおやつを頂いていました。

ちょっと懐かしい思いで、バブルのお皿におやつをのっけて、
コーヒーを淹れてみる冬の午後でした。あ~シアワセ。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-24 01:15 | ファイヤーキング | Comments(4)

アンカーホッキングのスクエアプレート

c0025187_142105.jpg

こんにちは。ともたろです。
今日はアンカーホッキング社のものと思われるお皿をご紹介します。
写真ではみにくいのですが、縁のお花模様がとても愛らしいお皿です。
それに四隅が丸みを帯びていて、真四角ではないので、
全体的に柔らかい印象をうけますね。
私はふだん、サラダに使用することが多いです。
今回もグリーンを盛り付けて撮影しようと思ったのですが、
中央のエンボスがみえなくなるので、やめました。

お皿はそんなに収納場所をとらないので、
ついつい買い足してしまいますね~。
できるだけ1枚ずつ買うようにして、
毎日いろんなローテーションで楽しんでいます(  ̄ー ̄)
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-23 02:05 | ファイヤーキング | Comments(2)

オールドパイレックスのリフ(デルファイトとブルー)

c0025187_014834.jpg


こんにちは。ともたろです。
私の大好きなパイレックスのリフ、ときどきアップさせてくださいね~。
ええと、今日はブルーのリフがふたつと、ふたのしてある左側のリフが
カナダで生産されたデルファイトという珍しいカラーのものです。

アメリカでつくられたおおくのパイレックスのリフは、
白くぽってりとしたミルクガラスの表面に、いろんな色が着色してあります。
だからふちのところに「色の境目」ができるんです。(右側のブルーのリフ参照)
でもカナダのデルファイト色は最初から色を混ぜ込んでガラスをつくっているので、
全部が全部あの色なんですよね。白いミルクガラスの部分がないんです。
私はどちらかといえばアメリカのほうが好きだけど(がくっ)
でもデルファイトはすっきりしていてきれいな色ですよね~。
今日は奮発して購入したグァテマラの豆を入れて、撮影してみました。

さて、ここからは初めて味わうグァテマラについて。
モカやキリマンといった酸味のきいたコーヒーを飲むことが多かったので、
私にはあまりパンチが効いてないような気がします。
苦味とこくのある、バランスのいいコーヒーらしいのですが、
がぶがぶ飲むからわからないのかな。それとも何かが麻痺してるのだろうか。
でもコーヒー豆を少しだけ買って、味わってみるのって本当に楽しいです。
これもひそかに癖になりそうな趣味ですね(〃 ̄ー ̄〃)
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-22 00:38 | オールドパイレックス | Comments(3)

オールドパイレックスのティーポット

c0025187_07662.jpg


こんにちは。ともたろです。
今日ご紹介するのは、直火にかけることのできる
オールドパイレックスのガラス製ティーポットです。

写真は、レモングラス系ハーブティの色がでるのを待っているところ。
喉の渇いたバーバファミリーも、まわりに大集合しています。
かなりの大人数に対応できるサイズですね。
涼しげなルックスもかわいらしいし、
口がひろいので、使用後のお手入れも簡単。
分厚いガラスなので、ずっしりと重くて安定感があり、
ポットの中にはいったお茶がいつまでたっても冷めないのです。
いいとこづくしなので、とってもお気に入りのアイテムです( ̄ー ̄)

中毒にちかい症状がでているコーヒー党の私ですが、
レモングラス系さっぱり味のハーブティーだけは大好き。
ハーブティーのおいしい行きつけの喫茶店があるのですが、
そこのおねえさんのいうとおりにハーブをブレンドしても、
どうしてもその味に近づけないのです。奥の深い世界ですよねえ。
これからもこのポットで、ひそかに研究を重ねてゆきたいと思います。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-21 00:38 | オールドパイレックス | Comments(13)

Franc francのランチョンマット

c0025187_154447.jpg


こんにちは。ともたろです。
久しぶりに街へ出て、バーゲンの文字に血迷ってしまいました。
いくら半額セールだったとはいえ、こんなに並べてどうするの。
私はいったい布屋でもはじめる気でしょうか。

c0025187_1562918.jpg


ハンドタオルもお安うございました。
フチの飾りがとてもかわいかったので、つい買ってしまいました。
まだたくさん種類があったので、2枚でセーブしたのは、
せめてもの私の理性でございました。

c0025187_155321.jpg


fogのリネン製ランチョンマットとコースターも。
これはFranc francに寄る直前に、
他店で定価で購入してしまっていたので、
ただただ悔しいです。ううう。
でもリネンの手触りだけは本当に気持ちいいです。
「いいものを使っている」という満足感で、心が豊かになれます。

今日はまだ仕事が片付いていないので、
愚かさをWEBに晒したくらいにして、
このへんで引き下がらせていただきます。ぺこり。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-20 02:06 | 家具・雑貨 | Comments(13)

BONOXのロケットペン

c0025187_1155269.jpg


こんにちは。ともたろです。
ネタがいつまで続くのだろうかと不安になりつつも、
一度写真をアップしだすとど~もやめられまへん。

そんなわけで、今日ご紹介するのはBONOXのロケットペンです。
写真ではごろんと横になっちゃってますが、
実はこれ、電話の横なんかに立てて設置しておくものです。
雑貨屋さんでシルバーとホワイトの色違いのロケットが2本すとんと
立っているのを見たとき、おもしろいもの好きの母の顔が浮かび、
つい両方とも買い占めてしまいました(-_-;)
そして私がシルバーをとり、白いほうを母にあげたわけです。

丸みを帯びたボディはずっしりと重く、安定感があります。
発射台とロケット本体が鉄で、中が真鍮でてきているということです。
こういうおもしろ雑貨はわざわざ探し出して買うものでもありません。
偶然にであったときが、まさに運命の瞬間ですね。
もう会えないかもしれない。だから買っておかなければ。
そうして彼はうちの電話の横に立って、今も出番を待っています。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-19 01:35 | 家具・雑貨 | Comments(4)

ファイヤーキングのスーパーストライプマグ(赤青緑)

c0025187_224015.jpg


こんにちは。ともたろです。
今日は、我が家のスーパーストライプ三兄弟をご紹介にあがりました。
「シリーズをそろえるのはいや」「1つずついろんな種類の食器を買いたい」
と思っている私にとってこの買い方は禁じ手でした。それでも欲しかった。
だってあまりにもかわいかったんです。

手をだしてしまった理由
1)スタッキングマグということで、収納にも便利そうだった。
2)ちょっと小さめサイズで、まさに日本の家庭向けって感じだった。
3)ストライプのメリハリがとってもモダン。60~70年代のナウさを感じる。
4)状態が新品同様で、つるつるぴかぴか。
5)「おそろいで買って~」と訴えていた。
6)ファイヤーキングにしてはお値段が手ごろ。(それでも3つ買うと高いが)

あともう一人、黄土色(ライトブラウン)なる兄弟がいるらしいのですが、
私はもうこの三兄弟で満足です。このコたちを大事に育ててゆきます。はい。

ところで、スタッキングマグっていくつくらい
スタッキングできることを前提としているんでしょうね?
うちではですね~、食器棚の高さの関係もあって、
2つ重ねるだけでいっぱいいっぱいなんです(-_-;)
でもそれってふつうのDハンドルを重ねたときと一緒だし・・・・・・。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-18 02:26 | ファイヤーキング | Comments(6)

テルモクリサのカップ(リーフ)

c0025187_0422789.jpg


こんにちは。ともたろです。
今回ご紹介するのはメキシコのThermocrisaというブランドのカップです。
ほとんど聞かないブランドのように思われますが、そのむかし、
アメリカでファイヤーキングやパイレックスといったミルクガラスが
爆発的に売れていたころ、メキシコから大量輸出されていたんだそうです。

某ネットショップでこのカップをみたとき、私は一目惚れしてしまいました。
申し分のないフォルムといい、目に鮮やかなオレンジのリーフ柄といい、
理想どおりのカップでした。おまけに縁にヒビの修復跡があるんですね。
そのためお値段も非常にリーズナブルでした。
ずさんな扱いでヒビが入ったままの食器は使いにくいものですが、
丁寧に接ぎをしてある食器をつかうのは実に気持ちの良いものです。
前代の持ち主が大事につかってきたことがよくわかりますから。
お茶もコーヒーもよく似合うこのコは、我が家の食卓に頻繁に上がります。
前代の持ち主と同じように、私もだいじにだいじに使ってあげるわけです。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-17 01:00 | ヴィンテージ | Comments(8)

MoMAのおりたたみスカイアンブレラ

c0025187_0221892.jpg


こんにちは。ともたろです。
あまりいい写真とはいえませんが、これはMoMAの折りたたみジャンプ傘。
写ってないけど外側が黒で、内側がこのように空の模様になっています。
MoMAとはMuseum of Modern Art(ニューヨーク近代美術館)の略で、
日常生活に優れた現代美術をとりいれようというコンセプトで、
デザイナーズショップを併設している世界最初の現代美術館。
そこのモダンなグッズがどうやらちまたで大評判らしいのです。

・・・・・・といっても私はブランドには無頓着な人間なので、
「あっかわいいっ!しかも折りたたみでジャンプなんて便利っ!」
と発作的に飛びついただけ。去年の秋にこの傘を購入するまで、
ずっと穴のあいた傘を使い続け、周囲の同情をかっていたくらいですから。
(↑しかも雨にぬれても、自分のさし方が悪いんだと思っていた人)

ところが傘を買ったとたんに、雨にあたらないんですよねえ。
私は車乗りだし、多少の雨だったら傘をささないで済ませているし。
そんなわけでいつまでも折り皺がくっきりと、新品のままなのでした。とほほ。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-16 00:41 | 家具・雑貨 | Comments(4)

STUDIO M'のカップ&ソーサー(グリーン)

c0025187_15571948.jpg


こんにちは。ともたろです。
うちに唯一あるSTUDIO M'のカップ&ソーサーです。
緑がすきなんですね、私はたぶん。織部なんかが大好き。
和食器もなんとなく緑のものが多く集まってきています。

このコはよそのおうちにお嫁入りが決まりそうなので、
きゅうきょ記念撮影&blogにアップしてみました。
珈琲の色がよく映えて、ずいぶん活躍してくれたC&Sでした。
[PR]
# by ottohoefler | 2005-01-15 16:04 | 家具・雑貨 | Comments(4)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧