2017年 04月 12日 ( 1 )

2017年春のドイツ滞在(12)

こんにちは。ともたろです。
毎日変わり映えのしない朝ごはんですみません。
ちなみにこのアパートで使用されている食器は
ほぼIKEAでしたね。この町にIKEAがあるんです。
c0025187_17345404.jpg
この日の午前中に多少の問題が起きて、大わらわしました。
写真の記録が残っていないのは、私が外出しなかった証拠です。
午前にでかけなかったぶん、午後からは大忙しの1日となりました。
c0025187_17413054.jpg
昼食もとらずに、いきなり歩き出す男子軍団。
彼らはこれから草サッカーの試合に行くんです。
国籍もバラバラ、年齢もバラバラ、経験値もバラバラですが、
みんな片言のドイツ語でちゃんと交流できているのがいいですね。
c0025187_17352366.jpg
彼らが行きついたのはここ。市民のための運動場です。
サッカー場を丸ごと借りたらしいんです。すげー。
c0025187_17570878.jpg
草サッカーのルール。
1.リュックサックを使って、小さ目のスペースを作る。
2.ゴールが決まったら、その人は次から自軍のキーパーになる。
3.前半後半しっかり90分ずつ。
c0025187_17424853.jpg
皆ちゃんとした「サッカーしそうな格好」してるし、
すごく強そうに見えたんですが、参加した青年曰く、
「みんなすっごい下手。青いシューズの子だけ別格」
なんだそうです。そういわれてから冷静にみると、
青いシューズの青年の才覚が際立って見えました。
だいたい、1人だけしゅっとしてません?
c0025187_18005594.jpg
サッカーの様子は充分に撮影できましたよ。
写真撮影部隊は、旧市街を経て中央駅まで戻ります。
夕方も近いんですが、今日はもうひとつ予定があるからです。
c0025187_18033231.jpg
大聖堂の手前にある「司教館(ビショフスホーフ)」。
この「司教館」は今ではホテル兼レストランとなっています。
c0025187_18040198.jpg
このホテルの裏口は一見の価値があるんです。
ローマが179年に築城したカストラ・レギーナ城の北門で、
ドイツ最古の城門にあたるのです。
目立たない裏道にあって見逃しがちですが、必見の門です。
c0025187_18045479.jpg
次は大聖堂の向かいに建つ「旧礼拝堂(アルテ・カペレ)」に寄ります。
大聖堂のほうが威風堂々と建っているので、見逃されがちですが、
こっちのほうがむしろ歴史的価値があるんですよ。
c0025187_18052231.jpg
カール大帝の孫ルードヴィヒ・ドイツ人王(804-876)は
司教座都市レーゲンスブルクを頻繁に訪問し、滞在した宮殿横に、
個人用礼拝堂を建てました。それがこの「アルテ・カペレ」です。
歴史は古いんですが、18世紀にバロック様式に建て替えられました。
それでこんな絢爛豪華な内装になっているんです。
c0025187_18273040.jpg
あちこち寄りながら、駅近くのバス停まで戻ってきました。
今日はここからバスに揺られて50分、郊外に遠出するんです。
別行動だった若者さんたちともここで合流して一緒に出掛けます。
c0025187_18244276.jpg
あまりに喉が渇いて、コーヒーを買おうとマクドに寄りました。
店員さんの口車に乗って、お菓子まで買ってしまいましたわ。
これ2点で2ユーロ。お腹のたしになって悪くはなかったかな。
c0025187_18304758.jpg
分かりにくいゾーンチケット。
目的地のゾーン4まで、2名で往復使用できました。
でも券売機前で、ゾーンってどうやってわかるの?
いつも運転手さんに聞くしかないので、「悪いな~」と思ってます。
c0025187_18250619.jpg
50分後に到着したのがこの村です。
あれ?なんか見たことある人はいないでしょうか。
実は2日前の夜、ドイツ人の友人に連れられて食事に来た芸術の村
カルミュンツだったのです。明るいうちに一度来たかったので、
若者さんたちを引き連れて、バスでチャレンジしていました。
c0025187_18251663.jpg
「日が暮れるまで、大急ぎでまわろう」と約束して、
まずは川向こうのメインストリートへ向かいます。
c0025187_18372095.jpg
今日も人っ子一人いませんね。
窓辺を見ると、芸術家が住んでいるような装飾性なんですが、
生活が成り立っているのか、他人事ながら気になります。
c0025187_18373511.jpg
岩壁に埋まった「屋根のない家」が一番有名でしょうか。
湿度とか温度とか、生活上どんな支障があるのか気になります。
c0025187_18424978.jpg
ライテンブーフ城は、現在ホテルとして営業中です。
調べてみたら、豪勢な1人部屋が80ユーロでしたよ。
c0025187_18430313.jpg
この消防車は現役なんでしょうか。
何もかもかわいくまとまった村ですね。
c0025187_19422108.jpg
聖ミヒャエル教会が町の中心に建っています。
c0025187_19430410.jpg
その近くに「城はこっち」と看板がでてきました。
階段が見えたので、ふぅふぅいいながらあがっていきます。
奥に見えるのが古城ですが、ずいぶん遠そうに見えたので、
「バス時間まで1時間、30分登って辿りつかなかったら、
古城に行かずに降りてきましょう」と約束して出かけました。
c0025187_19434088.jpg
山道の途中から見下ろした村です。
ナープ川を挟んで、煉瓦色の屋根が美しく並んでいますね。
c0025187_19503373.jpg
登ってみると、頂上は案外近かった(汗)
10分くらいで、あがりきってしまいました。
c0025187_19443538.jpg
カルミュンツ城跡にきたーーーーー!
広大なスペースにぽつんぽつんと城跡があって、
写真には収めにくい広さでしたね。
c0025187_19455423.jpg
城門があったので、抜けてみました。
何が見えるんでしょうか。
c0025187_19450600.jpg
ベンチがあって、町が一望できました。
うわ~~なんてかわいい景色なんでしょう!
こりゃ、芸術家も絵に残したくなるわっ!
c0025187_19561887.jpg
いつまでもここに残りたい気分です。
でもバス時間も気になりますので、10分ほどで下山することにしました。
c0025187_19564723.jpg
来たときの橋を渡って、バス停の方面へ戻りましょう。
石畳の橋って、絵になりますね。
c0025187_19571882.jpg
「五月の木(マイバウム)」のそびえる広場。
バイエルン地方では、春が本格的に始まる5月1日に立てて、
広場で開催される地元のお祭りのシンボルにします。
小さな看板は、文字の読めなかった時代には、
絵看板として出店のPRの役割を果たしました。
c0025187_19574847.jpg
ここがバス停で、「カルミュンツ墓場前」と言います。
c0025187_19583268.jpg
実際に墓場があるんです。
その背後には老人ホームが鎮座しているらしい。
ドイツの友人が「合理的な流れよね」と言っていました。
c0025187_19590375.jpg
バスで50分かけて、アパートに帰宅しました。
この日の夕飯では、若者さんたちが絶賛するスーパーの
(安物の)白ソーセージを試してみました。
甘いマスタードを付けて、十分おいしく頂きましたよ。
私の舌じゃ、高いお店に行くことはないですね。
今日もよく動いた1日でした。お疲れさまでした。


[PR]
by ottohoefler | 2017-04-12 00:34 | 旅行(Reisen) | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧