2017年 04月 05日 ( 1 )

2017年春のドイツ滞在(5)

こんにちは。ともたろです。
今日の朝食は、昨日の残りのシュニッツェルです。
あまりに不健康なんでバナナを1本添えてみましたが、
バナナまでは食べられませんでした。
c0025187_00253647.jpg
朝食後、若者さんたちに合わせて研修場所まで行きます。
朝にミーティングをして、途中の休み時間も顔を出して、
それから昼の終了時間にも顔を出すのが、私の仕事です。
ただし今日は、午後から大事な施設見学の用事がありますので、
朝のミーティングのあと、場所の下見に出かけることにしました。
c0025187_00264347.jpg
バスに乗るのは、ちょっとした慣れが必要です。
ちなみにレーゲンスブルクでは、旧市街の1日乗車券が2.5ユーロ。
ちょっと郊外まで行きたい人の1日乗車券は、4.9ユーロです。
大学とかショッピングセンターなど、ちょっと足を延ばしたい人は、
この1ゾーン用4.9ユーロ券を購入すれば、たいがい間に合います。
しかもこれらの1日乗車券、5人まで乗車可なんですよ。
太っ腹ですよね。日本にもこういう切符があればいいのに。
c0025187_00435417.jpg
駅から10分ほど丘の上に登ったら、大学前です。
ちなみに大学の建っている丘は「絞首刑の山」という名前です。
あ~~懐かしい。思わず涙がでそうだけど、人がいないっ!
まだ新学期に突入していませんから、当然ですね。
c0025187_00440668.jpg
大学通りを挟んで向こう側に、今日の訪問予定地があります。
大学と連携している大規模な地域病院です。
こういう大きな建物群では(私は)絶対迷子になりますので、
いきなり若者さんたちを連れてくるのは危険なんです。
c0025187_00560503.jpg
来てよかったと思いました。土地面積が広大すぎます。
新しい建物や歴史的建物が、どこまでも続いています。
私も構内で、何度かおばあさんに道を尋ねられました。
どう見ても部外者でしょう?私が関係者に見えました?
c0025187_00512379.jpg
ここは地域でもっとも大きな精神病院として有名なんです。
その他に脳神経科もあり、リハビリ科に入院患者がいます。
お隣の大学医学部と連携し、研究室としても機能しています。
c0025187_00523505.jpg
こういう教会がついているのが、ドイツらしいですね。
教会の中には入れなかったのが、残念でした。
この一角には、大学の精神医療研究室があるようです。
人が中庭に入っていくので、私もついていきました。
c0025187_01041310.jpg
中庭を抜けて、病院の裏側まで行くとそこにあったのは、
たくさんの戦時中の精神病患者の顔写真です。
病に苦しんだであろう表情が哀しすぎました。
c0025187_01031288.jpg
ナチス時代には、悪名高い「T4作戦」が実行されました。
優生学思想に基づいて「生きるに値しない命の根絶」をめざし、
たくさんの精神病患者が安楽死させられたのです。
ここレーゲンスブルクからは、1940年11月と1941年8月に、
641名の精神病患者がハルトハイム安楽死施設に連行され、
その日のうちにガス室に送られたと言います。
こういうことがなければ、脚を運び入れることがなかった一画。
こんなところにも、あの時代の体験が記憶されています。
c0025187_01224940.jpg
法律的に収監されている患者の病棟もあります。
鉄条網とビデオで厳重に監視されている一画です。
ここを歩くときには、緊張感が走りました。
c0025187_01313994.jpg
とにかく午後の訪問予定場所は、把握できました。
さあ、いったん研修場所に戻りましょうか。
そこで若者さんたちをピックアップして、
私はまたここに戻ってこなければいけません。
こういうとき、1日乗車券が役に立つのです。
c0025187_01370130.jpg
待ち合わせまで、そんなに時間の余裕はありませんでした。
私は若者さんを連れて、急いで病院まで移動してきました。
「お腹がすいた」と口々にいうので、病院内のカフェに入り、
それぞれが好きなケーキを注文して食べさせました。
精神病院のカフェは、「第二の人生」という名前でした。
これは…笑うところでしょうか?
c0025187_01433692.jpg
不安だったスタッフとの合流もうまくいきました。
その後2時間にもわたって、関連施設内を見学させて頂きました。
大人が常に3名ついてまわり、完璧なガイドをしてくれました。
私は通訳と写真撮影訳を兼ねていたため、大忙しの2時間でした。
c0025187_01481321.jpg
「こんなとこまで入っていいの?」ってとこまで入れてくれました。
日本でこんなこと可能なんでしょうか?無理じゃないですか?
c0025187_01454779.jpg
説明中は、重症っぽい車椅子の患者さんをぽんぽん叩きながら、
臨場感あふれる説明をしてくれるんです。まったく驚きです。
c0025187_01462492.jpg
若者さんたちの感想は、ひたすら「でかい…ひろい…」
c0025187_01470736.jpg
たしかに、日本と比較してどこも余裕がある感じです。
c0025187_01480356.jpg
いや~貴重な体験をさせて頂きました。
関係者のみなさん、どうもありがとうございました。
さあ、若者さんたち、アパートにまで帰りましょう。
c0025187_01573980.jpg
夜は、この見学企画を仲介してくれた友人と食事に出かけました。
大聖堂の前に建つ歴史的レストランHaus Heupoltに初めて入ります。
14世紀にまで遡ることができる元貴族の館です。
c0025187_01582923.jpg
バイエルン料理なんでしょうけれど、ちょっとこじゃれてます。
値段も高いです。しかも奢ってもらってるんです…!!!
至れり尽くせりで、ほんとうにごめんなさい!!!
c0025187_01574562.jpg
こういうところでは、ベジタリアン料理を選んでしまう私。
「お肉はもう結構です」と体が叫んでいるんですね。
え?お味はどうだって?いや、見た目のとおりです。
焦げたお好み焼きって感じで、ビミョーだったかも。
でも店の前が大聖堂で、最高のロケーションでした。
何でこんなに素敵なお店に、今まで来なかったんでしょう。
私を招待してくれた2人の友人に、心より感謝します!
c0025187_02041879.jpg
若い頃、ドイツ人の友人がほとんどいませんでした。
でも年齢を経たら、深く語り合える友人ができました。
特に思い出の地レーゲンスブルクで、同年代の友人ができたことは、
私にとって大きな喜びです。今回の食事のレストランで、
「できたら泊りで行きたいところがある」と提案されたとき、
ほんとうに嬉しかったです。私もぜひ行ってみたいわ。
でも、春はダメなの。いつも小雀たちと一緒なので。
「今度はプライベートで、他の季節に戻ってきてみようかな」
そんなことまで想像してしまった夜でした。

私たちは来週もう1日3人で逢うことを約束して、
車でアパートまで送ってもらって別れました。
朝から晩まで、素晴らしく濃厚な1日でした。

[PR]
by ottohoefler | 2017-04-05 00:24 | 旅行(Reisen)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧