オールドパイレックスのレシピ本

c0025187_19265064.jpg


こんにちは。ともたろです。
自己紹介をトップにおいておくのもこっぱずかしいので、
今日はちょっと前に撮影した本の写真を紹介することにします。

これ、マニアのみなさんが紹介されている本で、
いまさらって感じもしないでもないのですが・・・・・・(-_-;)
パイレックスをつかったレシピを紹介している本になります。
1953年発行で、とにかく中の写真がカワイらしいのです。

c0025187_19435568.jpg


みよ!黄金に輝くバターのなんて美しいこと!
こうやってトレイの上に整然としてリフが並べられると、
まるで機内食のようですね。ガラス製の蓋はパン用のお皿としても
使えてしまうんですね~。むふふ。えらいえらい。(←ほぼバカ親状態)

c0025187_19442171.jpg


ママの真っ赤なマニキュアがプリティです。
こうしてボウルを使って、大きなドーム型ケーキを
焼いたりすることもできるんですね。

c0025187_19444557.jpg


何よりも驚きの画像はこれでしょう。右端のとうもろこしに注目。
ティーポットやバーコレーターをこんなふうに使っちゃうとは。
日本人にはあまり思いつかない発想ですな。
つかアメリカ人は本当に使っているのか?(-_-;)

ええと、数十年前にトリップした感覚のまま、
今晩はオールナイトで古い映画を見に行ってきます。
江戸川乱歩や横溝正史、夢野久作の作品で、
しばしあっちの世界に旅立ってきますね。
それでは~
[PR]
by ottohoefler | 2005-01-29 19:46 | ヴィンテージ | Comments(15)
Commented by keigo at 2005-01-30 10:22 x
俺もバター入れとして使いたいなぁ。この入れ物って白は存在してるんですかねぇ?これだけガラスの調理器具がそろうと壮観だなぁ。トウモロコシが入ってるヤツは本来はコーヒーを入れる道具?
Commented by ottohoefler at 2005-01-30 11:47
keigoさん、白のいれものは1月7日にちょっとだけ
アップしてるんですよ。ごらんください。
あ、カエルの下にあるやつですね。
(そろそろカレンダーいれかえなきゃ・・・)
http://wunderbar.exblog.jp/d2005-01-07
そうそう、とうもろこしの入ってるのは、コーヒーをいれる
バーコレーターですわ。サイズもけっこうあるし(あんだけ
とうもろこしが入っているし!)プレス式ってことに躊躇して
私は手をだしておりませんが、見た目がかわいいし、
コレクターが多いアイテムだと思います。
Commented by keigo at 2005-01-30 12:05 x
ホントだ、白いいなぁ。ブレス式は良くないって友達も言ってた。俺のカフェソロもなんか濃いしなぁ。どうも余計な成分が抽出されてるような気がするんだよなぁ・・。なかなか難しいね。
Commented by ottohoefler at 2005-01-30 12:26
余計な成分・・・そう、ひそかにそれが気になるのです(-_-;)
ペーパードリップの鉄則として、最後の一滴までいれては
いけないってのがありますし。でも私はプレス式で生まれて
この方一度も飲んだことがないので、一度試してみたいもの
ではあるのです。つかカフェソロもふくめて、いろ~んな
コーヒーメーカーの試飲してみたいよ~~~!
Commented by keigo at 2005-01-30 13:26 x
淹れたコーヒーの表面をよおく観察すると油が浮かんでいるのです!コーヒー豆には油分も含まれているので多分それだと思うのですが、味がイマイチなのはこいつが原因かもしれない。
Commented by asagi1201 at 2005-01-30 14:19
私は、ティーポットでよくゆで卵を作ります。(笑)
サイズがちょうど良いので。
でも、パーコレーターでとうもろこしはすごいですね。
縦に入れるという発想に感動です。
Commented by fumi at 2005-01-30 15:05 x
こんにちは。
せっかくなので一言...
> keigoさん
白のリフは一応セットで出されたのでS、M、Lとあるはずなのですが、現在ではSがかろうじて見つかるくらいで他のサイズはかなりレアだと思います。Mはコレクターズガイドに写真がありますがLにいたっては写真すらなかなか無いような... そんな感じです。パターン付きのものだったら今でもセットで手に入りやすいんですけどね...

あと一つ質問させて下さい。
パイレックスのパーコレーターってプレス式になるんですか?
プレス式って、あの、ぎゅっと押して抽出するタイプのものだけかと思っていました。プレス式があまりよく分かっていないかも...

あ、ちなみにこのレシピブック、そろそろショップにも登場する予定です。ふふふ...
Commented by keigo at 2005-01-30 15:46 x
>fumiさん
Sサイズのリフってバター丸ごと入りそうですか?
プレス式って確かに押し出して抽出する方式ですが、豆を煮出してる方式の物は全部似たような味になるんじゃないかと。
Commented by ottohoefler at 2005-01-30 17:54
asagiさんはティーポットでゆで卵ですか!
たしかにあの口の広さといい、中の見える具合といい、
卵にちょうどよさそうですね。今度私も試してみようかな。
でも実はあまりにもチキンで、まだ直火にもかけたことが
ないのです。ほほほ~。
Commented by ottohoefler at 2005-01-30 18:02
fumiさんが笑ってるーーー!!!(笑)
それはおいといて、白いリフのレア度の説明超嬉しいっす!
たしかにMとかLって全然見かけませんよね。
誰か使っている人いるのかな。私は今Sの道を突き進んでいる
最中ですが、揃ってる図はちょっと見てみたい気がします。

>>プレス式
すいません。パイレックスの入れ方がわかってないので、
プレスかどうかわからないで発言してました。
おしこむ作業はしないんですね。じゃ循環式なのかな???
私もやっぱりお湯で豆を煮出すってのにちょっと抵抗が・・・
でもたくさんつくったらおいしいかもわかりませんね?

>>keigoさん
横レスで申し訳ないが、うちも今バター入れてますけど、
いわゆる雪印とか四葉とかのあの長方形のバターは、
縦にそのまま入れることはできません。切らなければ。
私は使いやすいよう、いくつかにカットして入れてます。
Commented by keigo at 2005-01-30 18:22 x
なるへそ〜。じゃあ俺もカットして使うことにしよう。
Commented by ottohoefler at 2005-01-30 18:31
まずは買って・・・いれものを(;一_一)
Commented by keigo at 2005-01-30 22:44 x
ひーーーん。白い入れ物見つかんないよぉ!!
Commented by fumi at 2005-01-31 01:37 x
私はコーヒーについてはがぶがぶ飲むだけで、豆の種類も入れ方もあまり分かっていないのですが...(う...)、今ちょこちょこと調べてみた結果...パイレックスは多分循環式ですね。多分...
循環式そのものの限界もあるのでしょうけど、パイレックスのパーコレーターは濃い、それこそエスプレッソ用の豆を使って、あまり循環させずにさっと入れた方がおいしいと思います。
解説を読むと、結構細かい所でデザインの工夫がされていておもしろいですよ。例えばふたの部分にすこーしだけ盛り上がった箇所を作ることで吹き上げられてきたお湯がよりまんべんなく豆にいきわたるようにする、とか。
まぁ、質より入れ方より、ただただ量という私の家にあっては、このパーコレーターもケトルもしくは紅茶煮出し専門になっているわけですが...

> keigoさん
バター用にはパイレックスのリフも良いですが、バター専用につくられた分厚いクリアなバターケースも雰囲気があって良いですよ。ふたに古ーい書体でBUTTERなんて書かれていたりして...
と、惑わせてみたり(笑)。
Commented by ottohoefler at 2005-01-31 01:53
パイレックスのことですから、おそらくものすごく
工業デザイン的に工夫はされているのでしょうね。
でも日本のユーザーはみんな本当にあれで
コーヒーをいれているのかなあ。気になります。
おそらくfumiさん式の方が多いようなそんな予感が。
(でもとうもろこしをゆでる人はあまりいないと思う)

それにしてもアメリカってバター文化ですからね。
かわいい専用ケースがいっぱあいありそうですよねえ( ̄ー ̄)ニヤリ


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧