地中海の週末(2)英虞湾クルーズ

こんにちは。ともたろです。
お天気に恵まれた2日目、英虞湾の海辺のレストランです。
釣り堀から、私たちのコテージを見上げてみました。
ほれぼれするほど、いい立地にありますよね。
あ~昨晩は夜空の星が綺麗だったなぁ。
c0025187_01045364.jpg
朝食は夕食と同じレストランで、ビュッフェスタイル。
海のそばだけあって、海の幸がとっても豊富でした。
和食中華洋食、何でもそろっていて食べごたえありましたね。
食べ過ぎ?いやいや、まだこのほかにお代わりしてますから。
c0025187_01041259.jpg
レストランの横にはこんなプールもありました。
夏になれば、人でにぎわうみたいです。
そらそーでしょ。私だって入りたいわ。
もっと暑い季節に来るしかありませんね。
c0025187_01060052.jpg
10時にチェックアウト。
名残惜しいけれど、今日もいろいろ予定があります。
車で湾岸を走ると、次の目的地である賢島駅には20分ほどで到着です。
そこには完成したばかりの「伊勢志摩サミット記念館サミエール」がありました。
c0025187_01063625.jpg
伊勢志摩サミットがどのように運営されていたのか。
各国首脳はどんなものを食べて、どんなお土産を貰って帰ったのか。
おなじみの丸テーブルをとり囲むように、様々な説明板が掲げられています。
それにしてもみんなサミット好きなんですね~人でいっぱい溢れていました。
c0025187_01072166.jpg
駅のすぐそばから、目的の「英虞湾クルーズ船」がでているんです。
実は、船の出港時刻を待つ意味もあって、駅に寄っていたんですが、
想像以上に見応えがありました。小さいスペースなんですけどね。
c0025187_01082834.jpg
乗船時間がせまってきたので、船着場に移動しましょう。
ロマンチックなエスペランサ号による英虞湾周遊時間は50分。
多くの乗客はこの甲板に出たまま、クルーズを堪能しました。
c0025187_01275410.jpg
船内放送を聴きながら、リアス式海岸の絶景を楽しみます。
甲板では海風を強く感じます。でも本当にいい気持ちです。
c0025187_01114096.jpg
私たちの宿泊した地中海村ホテルも見えてきました。
こうしてリアス式海岸の中にみると、ちょっと違和感ありますね。
(ごちゃごちゃしてるし…)だけど本当にいい立地ですね。
c0025187_01093215.jpg
ミキモト真珠の養殖場が見えてきました。
おお~あれが伝説のミキモト御殿ですね?
c0025187_01115844.jpg
「最後に10分ほどミキモト真珠工場の見学時間がございます」
この案内放送を聴いて、どれだけワクワク待ち構えていたことか。
「真珠の核入れ作業」の実演が行われたりするアレですよ。
貴重な実演を見ずに、私たち団体女子部は真珠売場に殺到したんですけどね。

私:「10分で本当に買えるの?おいていかれるかも~」
店:「大丈夫です。全員乗せてから出発しますからね」
c0025187_01444342.jpg
買いやすい値段のお品ばかりで、客の購買欲をそそります。
10分ってのもミソですね。私は結局ネックレスを2本購入しました。
こんな短時間でネックレスを2本買ったのは、生まれて初めてです。

c0025187_01460715.jpg
いや~~買物って心と体が満たされますよね。
小1時間のクルーズを思う存分楽しんだあとは、
伊勢志摩サミットが開催された会場のホテルへと向かいましょう。
賢島駅から車で2~3分高台にあがったところにある志摩観光ホテルです。
c0025187_01470513.jpg
このホテル内にも、例の丸テーブルが設置されていました。
賢島駅のサミット記念館と、ちょっとかぶってますけどね。
ホテルの中のほうが高級感があって、ずっとよかったです。
c0025187_01513560.jpg
せっかくだから何か食べていきたい。
でも意地汚く朝食を食べ過ぎて、お腹に何も入らないんです。
「コーヒーだけ飲みましょう」ってことでカフェに入りました。
ちなみにこちらのコーヒーは950円ですのよ、奥様!
c0025187_01520193.jpg
私は地元産のサイダーを注文しました。
優しく懐かしいお味で、上品な甘さでした。
750円で、お財布にも優しかったですしね。(←貧乏人)
c0025187_01550203.jpg
カフェの窓から見渡せるのは、一面の緑。
この色濃い緑の風景は、外国人も大好きでしょう。
いつまで眺めていても飽きない広大な自然の風景でした。
「コーヒー950円」とキーキー叫ぶ自分が馬鹿みたいです。
このコーヒーには、この素晴らしい景色がついているんですよね。
(あとおかわりもね)
c0025187_01551860.jpg
G7首脳たちが記念撮影したスポットに移動して、
ピースしながら記念撮影をしてきました。
いいですわ~。この俗っぽい週末の楽しみ方。
英虞湾は、海からも陸からも十分に堪能できました。
c0025187_02060421.jpg
そうこうしている間に、時刻は14時をまわっています。
私たちはゆっくりと最終目的地へと移動を開始しました。
地中海の旅二日目は、志摩スペイン村です!ここは初体験です!
賢島からは車で30分もかからず、ストレスなしに到着できました。
ホテルの受付で2デイズチケットを受け取り、すぐに遊園地へGO~
c0025187_01015302.jpg
「週末だから、家族連れでさぞかし混んでいるんでしょうね」
と思っていたけど、実際には「待ち時間ゼロ」の乗物ばかり。
人が集まっているのを見たのは、このパレードのときくらいでしょうか。
c0025187_02044012.jpg
私たちは乗りまくりました。
目についたものから次々と。だってフリーパスですから。
まずは目についた「アミーゴバルーン」から。
c0025187_02024055.jpg
「スプラッシュモンセラー」もチャレンジ。
暑いから、水しぶきをあげる乗物がありがたかったです。
係員さんいわく「濡れる人と濡れない人がいます。運です」
c0025187_02033048.jpg
絶叫系が多い「フィエスタ広場」を一周する「フィエスタトレイン」。
ご家族連れを想定したこんな乗物も、充実しているんですよね。
いいお年ですから、こういう優しい乗物がありがたいんです。
c0025187_01031238.jpg
「ガウディカルーセル」
回転木馬に揺られるなんて、何十年ぶりかしら。
高い馬にまたがるのが怖い感覚、久々に思い出しました。
c0025187_01024760.jpg
志摩スペイン村は東京ドーム7.2個分の広さです。
複数のゾーンに分かれていて、移動するのが結構大変なんです。
自販機もみあたらないし、真夏だったらもっと大変でしょうね。

c0025187_01060820.jpg
レストランやお土産物屋のゾーン「マヨール広場」。
暑くて広い中庭を抜けるだけで、疲労困憊しました。
その奥には広大な歴史ゾーンが待ち構えています。
c0025187_01114936.jpg
志摩スペイン村の歴史を調べてみました。
1994年に近鉄が立ち上げた事業なんですね。
日本の田舎にスペインを作ろうなんて企画、
よくもまあ実現させてもんですね。すごい~
c0025187_01120322.jpg
「あれとこれ、4つくらい乗れば満足ね」と計画していたんですが、
実際に入ってみたら(貧乏性ゆえに)全部制覇したくなった私たち。
c0025187_01311926.jpg
2日間にわたって広大な施設内を歩き回り、ほぼ制覇しました。
この2日間、本当によく歩きました。日焼けしましたよ~。
休憩所で倒れるように寝ていたお父さん達もお疲れさまです。
c0025187_01340028.jpg
スペインの童話に興味があって入った「クエントスの森」。
ドイツやフランスあたりまでならいくつか知っているけど、
スペインの童話はいったいどんなものなのか。
c0025187_01361153.jpg
出てくるのは「悪い狼さん」ばかりやがなー!
娘をかどわかす悪い輩が多かったんでしょうかね。
まじめにテープを聴きながらまわってたんですが、
早々に飽きてしまい、速足で森を駆け抜けました。
c0025187_01384833.jpg
「ドンキホーテ冒険の旅」。
スペインといえばドンキホーテですものね。
ここでは帆船型ライドに乗って、幻想的なドンキホーテ物語を体験できます。
c0025187_01380497.jpg
「フェリスクルーズ」。
よく作りこんであるなぁと遠くから眺めていたら、
なんと17時の閉園時間になってしまいました。
あちこちで店じまいの準備をしています。
私たちはまた明日楽しむことにしましょう。
c0025187_01445035.jpg
私たちがいるのは、一番奥の「コロンブス広場」です。
ここからホテル側出口に戻るまでの道のりが遠かったこと。
中央には広大な遺跡も見えたし、施設は全体的に古いながらも、
「よくここまでお金をかけて作ったなぁ」と感心することしきり。
c0025187_01525369.jpg
明日はこの「ハビエル城博物館」もゆっくり堪能したいです。
今日は2時間くらいしか遊べなかったスペイン村でしたが、
大人には2時間で十分!歩くのだけで疲れるんですから。
宿泊して温泉がついて2日にわけて遊ぶっていうのは、
理想的なプランなのではないでしょうか。
c0025187_01554741.jpg
17時半頃にやっと部屋に戻ってくることができました。
ホテルも複雑な迷路のようなつくりで、部屋を出るたびに、
無事帰ってこれるかどうかドキドキしていましたよ。
これも志摩スペイン村のもくろみのひとつ?
c0025187_01573431.jpg
お食事が2食ついて温泉入り放題がついて、1万7千円。
2デイズチケットを含んで、この価格帯は悪くないでしょう。
夕食はスペイン料理と和食が選べたんですが、
私たちはあえて和食を選択しました。
店が空いていたので、たぶん少数派ですかね。
c0025187_02033589.jpg
前菜の「酒肴盛り合わせ」からスタートです。
飲物は、念願のサングリアを選びました。
c0025187_02075517.jpg
お造りは4種盛り合わせで「普通」ですが、
これも決して悪くない!(←口癖になってる)
c0025187_02093268.jpg
だってね、2日連続で伊勢海老ですからね。
伊勢海老の天ぷらなんて、贅沢で食べたことなかったです。
お腹の味噌がおいしかったなぁ~ふぅ。
c0025187_02090285.jpg
ご飯もいっしょに持って来てもらって、
牛ロースすき焼き風を温泉卵で頂きました。
とても幸せな瞬間でした。あ~和食最高!
c0025187_02101569.jpg
以上、こちらが伊勢スペインの旅2日目です。
このあと私たちは温泉にゆっくりとつかり、
自室で持参のワインを飲んで盛り上がりました。
非常に精神的満足度の高い旅でした。
明日はいよいよ最終日です。











[PR]
by ottohoefler | 2017-06-17 02:37 | 旅行(Reisen) | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧