2017年春のドイツ滞在(4)

こんにちは。ともたろです。
窓際の朝食から、1日がスタートです。
朝食はだいたい毎日同じメニューで、サラダとフルーツ、ヨーグルト、
これに珈琲が付きます。うちのキッチンには湯沸しポットがありませんが、
鍋に水を入れると10秒で沸騰するので、あまり不便に感じませんでした。
c0025187_23384517.jpg
たいしたものは食べてませんが、珍しいのは「ハンドケーゼ」なるもの。
脱脂乳を乳酸発酵し、手で形成するから「手のチーズ」と呼ぶんだとか。
ライン・マイン地域でよく食べられるチーズだそうです。
私はマインツの朝市で初めて食べて以来クセになりました。
本来マリネしたりして食べるものらしいですが、
私はそのままバクバクとモチモチ食感を楽しみます。
c0025187_23525616.jpg
この日からは、若者さんたちは自由登校です。
私も縛られることなく、1人で部屋を出て出勤しました。
この1人の出勤時間がたまらなくいい…はずだったんですが、
すごい距離があるため、苦行となってしまいました。
c0025187_00194453.jpg
そのため、私だけこっそりとバス券を購入し、
少し遅めに出てバス通勤するという作戦にでたのです。
だって…午前中に家と職場を何往復もするんですもの。
私だけいい年なんですから、許して~~~!
c0025187_23391037.jpg
午後は、地元の友人と再会しました。
この時間を私はずっと楽しみにしていたんです!
彼女はうちのアパートにまで来てくれて、3時間も話しこみました。
そのあとは駅のショッピングモールに出て、ベトナム料理を食べました。
お勧めメニューは野菜がいっぱい取れて良かったけど、味は濃かったですね。
今このあたりでは、ものすごい勢いでベトナム人が増えていってるようです。
c0025187_00054475.jpg
夜は日本語を学んでいる地元社会人クラスに合流です。
ドイツ人の学習姿勢は、良い刺激になったでしょうか?
c0025187_23391538.jpg
授業終了したのが21時過ぎでした。
遅かったんですが、バス停近くに有名なシュニッツェルの店があったので、
全員で寄りました。そしてなんと全員でシュニッツェルを注文しました。
全員がアルミホイルを貰って、全員が食べられない分を持ち帰りました。

食事ばかりの写真記事になってしまいましたが、
若者さんたちにとっても、私にとっても、
とても有意義な1日だったと評価しています。
9人分の肉を21時半に叩かされた料理人さん、
あのときはどうもありがとうございました。
すごい努力が厨房の奥から伝わってきましたよ。
来年も絶対に食べに行きますからね。

[PR]
by ottohoefler | 2017-04-04 00:37 | 旅行(Reisen) | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧