2017年春のドイツ滞在(2)

こんにちは。ともたろです。
Guten Morgen! ミュンヘンの朝がやってきました。
ミュンヘンの良い子にとって、白ソーセージの皮をむくことは、
朝の大事な日課のひとつです。(←嘘)
c0025187_00221219.jpg
シンプルなドイツパンを見ると、テンションが上がります。
甘いパンも食べたいし、普通の黒パンだって食べたいし。
パンコーナーの前では、いつも小一時間悩んでしまう私。
c0025187_00222564.jpg
ドイツパンの魅力は、ハムやチーズとのコンビネーション。
どのハムをチョイスするかで、パンの味が決まります。
欲張ってもだめだし、さて、どれから選ぼうかな?
c0025187_00223548.jpg
ええい、第一陣はこんな程度にしておこうか。
バイキング形式って、お皿の絵面が醜くなるから嫌ですよね。
え?ちょっととりすぎって?
c0025187_00275613.jpg
面白かったのが、バターひねり出し機。
お皿を置いてボタンを押すと、丸いバターがぽとっと落ちてきます。
許されるものならば、ずっとボタンを押し続けたかったくらい。
c0025187_00294059.jpg
お腹いっぱいに朝ごはんを食べたら、そろそろ出発時間です。
荷物をまとめて受付に預け、ミュンヘン市内に出ようではありませんか。
まずはこの日使用する「バイエルンチケット」という団体用乗り放題券を
2班に分かれて購入します。これを買うとき、結構時間をとるんですよね。
c0025187_00314318.jpg
でもドイツの電車のチケットの買い方を学び、
電車の乗り方に慣れるというのも重要な学習ポイントです。
しかし電車に乗って、放し飼いのワンコを見るや否や、
テンションマックスでモフモフに走り寄る若者たち。
私は常にひやひや。やめてくれ~~~い!
c0025187_00313023.jpg
地下鉄2駅で、マリエンプラッツに到着です。
去年の研修では、ここまで若者さんたちと歩いてきたんですよね。
でも日曜だったから、お店も閉まり、教会もミサ中で、
若者さんは疲れて退屈そうでした。今年はその教訓を活かして、
マリエンプラッツまで、地下鉄でひとっとびしてきたわけです。
c0025187_00381121.jpg
歩みをとめることなく、まっすぐに王宮レジデンツへGO!
今年は実に無駄のない動きだったと自負しております。
この時点で10時すぎです。「12時半頃に出口集合ね」と約束し、
レジデンツ内の見学は各班の自由行動としました。
まあ、このときから、すでに嫌な予感はあったんですけどね。
今年の若者さんたち、その大多数が自由奔放すぎたんです(汗)
c0025187_00435416.jpg
そもそもね、このレジデンツがどういう建物なのか、
わかってんのかな~~わかんないだろうな~~(by 松鶴家千とせ)
ヴィッテルスバッハ家という貴族のファミリーがこのバイエルン地方をね…
いや、やめておきましょう。もうどこにいるのかさえわからないから。
c0025187_00460173.jpg
14時40分代の電車で移動する予定になっていました。
集合時刻は12時半。微妙に時間があまっています。
「軽食でも食べておく?」ってことになりました。
でも団体が入れそうな、ちょうどいい大きさの喫茶店が開いていません。
ということでガッツリ系郷土料理レストランDonislに入ることにしました。
c0025187_00540564.jpg
男子はこんなソーセージプレートを頼んで喜んでました。
ドイツに初めて来て、注文して出てきたのがこれだったら、
そら~テンションあがるでしょうね。ぐるぐるですから。
c0025187_00532777.jpg
私は「郷土の味」っていうのに結構こだわる人。
毎年必ずレバー団子スープを頼み、毎年必ず後悔します。
レーバーがキツイ量なんですよ。レバー好きなんですけどね。
c0025187_00535597.jpg
ケーキ生地のスープ。といっても甘くありません。
コンソメが胃に優しいバイエルン郷土料理です。
「お腹いっぱいで、あまり入らない人にはスープがお勧め」
と私が言ったために、ほとんどの女子はスープを選択しました。
c0025187_00534222.jpg
こちらはジャガイモのスープ。胃にどっしりたまります。
これを選んだ女子は、最終日まで外食でこれを食べ続けていました。
ケチともいいます。まあ、パンと合わせたらお腹いっぱいだもんね。
さて、お腹がいっぱいになったら、目的地にむけて移動開始しましょう。
まずは駅前のホテルに荷物を取りに帰り、中央駅に戻って、
予定通り14時代の電車に乗り、レーゲンスブルクに向かいました。
ミュンヘンからレーゲンスブルクまでは、鈍行で90分かかります。
日曜午後でほとんど座席が空いてなくて、えらい目にあいました。
c0025187_01204522.jpg
さあ、16時すぎにレーゲンスブルク到着です。
今回選んだ築百年のアパートは、中央駅のすぐ裏にあります。
重い荷物を引きずっての移動も、それほど苦にはなりません。
今回私が1人で住んだ、一番小さいタイプの部屋を紹介しますね。
まずは居間から。テーブルセットの他に、カウチとソファ。
手前の大きな3人がけソファは、ベッドにもなります。
天井が高いし、2人で住むとしても十分な広さでした。
c0025187_00575996.jpg
食事もとれそうなキッチンがついています。
もちろん食器や鍋など、自炊に必要なすべてがついていました。
各部屋を比較してみると、キッチンの装備は微妙に違いました。
コーヒーメーカーや湯沸かし器があったりなかったり。
うちにはレンジがついていましたが、私は一度も使いませんでした。
c0025187_00585136.jpg
小さいタイプの部屋では、バストイレが一緒になっています。
大きいタイプの部屋では、バストイレが別々になっていました。
私は湯船があるだけ幸せを感じましたね。毎晩つかってましたし。
c0025187_00590317.jpg
うちにはベッドルームがひとつです。
大きめのダブルベッドがついていました。
いや~このアパートは十分に広いと思います。
これで文句を言ったら、罰が当たりますよ。
c0025187_01001060.jpg
「うちに文句あるにゃ?」
ないです、ない!私はまったくありません。
だけどね、今の若い人ってすごく贅沢なんです。
これからこのアパートに文句100くらいぶっぱなします。
その内容をここで紹介するかどうかはわかりませんけど、
とにかく彼らのわがままな態度に私は翻弄されまして。
2週間の滞在中、常に悩み続けることになったのです。
c0025187_01324671.jpg
駅前のアパートは、近くに巨大ショッピングモールもあります。
買物に便利です。だけど旧市街からは徒歩20分と離れています。
これも今後の若者さんたちの生活に大きな影響を及ぼすわけです。
まあ、この日はまだそんなことには気づいていないんですけどね。
c0025187_01202702.jpg
引越し作業が完了したので、とりあえず駅の向こうにある
旧市街まで出かけましょう。レストランも予約していますから。
初日の宴会で定番レストランとなっているのが、Weissbräuhausです。
中央駅と旧市街の真ん中に位置し、どこからも便利な場所にあるからです。
c0025187_01150907.jpg
さっき食べたばかりのような気もしますが、どやーっ!
ここでもまたバイエルン伝統料理の数々を注文します。
みんな「おいしい、おいしい」と平らげてくれました。
ここはラードラーというビールのレモネード割がおいしいお店。
ここでラードラーを飲んだ人は、旅の間は常に狂ったように
ラードラーを飲み続けるという病に憑りつかれるのです。
今回もそのような病が、一部の若者さんの間に発生しました。
日本では(ほぼ)飲めないので、気に入ってもらえて嬉しい限りです。
c0025187_01153023.jpg
「移動だ、引越しだ」と浮かれているのは今日まで。
明日からは、いよいよ研修本番がスタートします。
安っぽい(失礼)木造塀に囲まれた真っ暗な大聖堂を見て、
すでに暗雲が立ち込めているような予感がしましたが、
とにかく寝坊をしないように早く寝ることにして。
明日は全員一緒に8時に出かけましょう。


[PR]
by ottohoefler | 2017-04-02 02:18 | 旅行(Reisen) | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧