ペルシャ料理初体験

こんにちは。ともたろです。
今年度最後の大仕事(でもないか)をやり遂げて、
トボトボと駆け込んだのは、インド料理店のように見えて、
ハラールのペルシャ料理も提供しているRajuさんでした。
c0025187_00334973.jpg
サモサを頼んで、人生初のペルシャ料理がくるのを待ちます。
ペルシアとは、現在のイランのこと。中東にありながら、
強い香辛料は使わずに、塩胡椒、ターメリック、サフランといった
優しい味で豆や野菜を調理するので、日本人の口にあう料理らしい。
最初に届いた玉子スープも、たしかにものすごく胃に優しかった。
寒い日だったので「ありがとう」とシェフに告げたくなりました。
c0025187_00334280.jpg
注文したのは、ヴェジリカバブ(1450円)です。
クビデカバブ(牛肉)とジュジェカバブ(鶏肉)が同時に食べられて、
野菜もたっぷり、何よりこのサフランライスのたっぷりなこと!
胃袋がはちきれんばかりになりましたが、全部食べましたよ!
c0025187_00335835.jpg
メニューには、「サラダとチャイをセットでつけたら300円」
と書かれていました。私たちはセットで頼まなかったんですが、
食後には当たり前のように、甘いチャイが運ばれてきました。
あったまりましたねぇ。本場のチャイはやっぱりいいねぇ。
c0025187_00440870.jpg
大学密集地のせいか、食事の量は多かったです。
優しい味のペルシア料理、自分の評価はあがりましたね。
また他のメニューを試してみたいなと思いました。
c0025187_00340932.jpg
お腹がはちきれようと、甘いものは別腹。
有名な四谷の坂本屋さんのカステラを頂きました。
毎日毎日、大事に1キレずつ頂いております。
ふんわり広がる玉子の風味、皮に残る大胆なザラメ。
こちらも日本の幸せの味ですね。
どうもありがとうございました。




[PR]
by ottohoefler | 2017-03-01 00:53 | おいしいもの発見 | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧