2016年春のドイツ滞在(14)

こんにちは。ともたろです。
レーゲンスブルク最終日は、いつものミルヒライスで始まります。
バナナも黒くなってきたし、冷蔵庫の在庫もなんとか処分しなければ。
c0025187_22041999.jpg
今日は11時から、予定がびっちりつまっています。
予定の合間を見て、教会を少しでも多くまわるつもりです。
c0025187_22362109.jpg
石畳の小路が入り組む中世の町並。
雰囲気はいいんですが、ひとつ問題があるとすれば、
写真を撮るのが大変だということです。
c0025187_22375963.jpg
(道が狭いので)建物がどれも近い!
奥に見える尖塔は、ルター派の「三位一体教会」。
イースターを過ぎたら、塔に登って町の展望を楽しめるのですが。
今は中に入れないので、遠くから写真を撮るだけとなりました。
c0025187_23044632.jpg
本日の訪問予定第一弾「聖エメラム教会」に向かいます。
この教会は古く、739年バイエルン初の聖人エメラムの墓の上に、
ベネディクト会修道院が修道院教会を創建したことに由来します。
c0025187_23202588.jpg
ルードヴィヒ・ドイツ王の妻ヘマ(808-876)、
皇帝アルヌルフ・フォン・ケルンテン(850-899)
ルードヴィヒ・ダス・キント(893-911)といった
東フランク王国の王族の墓がここに集まっているのです。
c0025187_23224382.jpg
教会の敷地の中に入ってみましょう。
時代がばらばらの建物が、乱立しているように見えます。
この修道院は、興味深い歴史的経緯を辿っているんです。
c0025187_23372058.jpg
「聖エメラム城」案内図。
なんと今はお城なんですよ~。
かつての教会は、旧貴族のお城の一部になっています。
1731年、大修道院長が帝国侯爵の爵位を任ぜられたのをきっかけに、
教会建築も、ロマネスク式からバロック式へと様変わりしています。
c0025187_23395011.jpg
1816年になると、神聖ローマ帝国の郵便事業を独占して
巨万の富を築いていたトゥルン・ウント・タクシス家が、
永続的帝国議会の皇帝代理としてレーゲンスブルクに移住。
修道院南翼をより豪華な宮殿に改装して、居住し始めます。
その部屋数は500もあり、バッキンガム宮殿より広いとか。
今回は宮殿には入らずに、教会部分だけを見学しましょう。
c0025187_00182138.jpg
若い聖職者が讃美歌を歌いながら、チラシを貼ってました(笑)
古い墓碑が並ぶロマネスクの回廊に、この教会の歴史を感じます。
c0025187_00273039.jpg
扉を押して、礼拝堂に入ってみると、
アザム兄弟の手掛けた見事なバロック式ゴテゴテ装飾が!
c0025187_00255972.jpg
アザム兄弟は、ヴェルテンブルク修道院の礼拝堂や、
ミュンヘンのアザム教会で有名な建築家兄弟です。
初めてアザム教会を見たときは、衝撃を受けましたっけ。
c0025187_00381095.jpg
聖ヴォルフガングは10世紀のレーゲンスブルク大司教。
現在のドームシュパッツェンギムナジウムの前身となる
大聖堂学校を975年に設立した人物です。
c0025187_00515250.jpg
ドイツ南部の教会によく見られる「カタコンベの聖人」。
聖人を金銀宝石で飾り立て、巡礼者を集めました。
St. Maximianusという聖人の聖骨が展示されていました。
なんか1人で見学するのは怖すぎる~~!
c0025187_00522822.jpg
こちらは、St. Calcidoniusという聖人の聖骨だそうです。
この教会が「17世紀にがんばって活動していたあかし」ですね。
c0025187_01073793.jpg
1050年頃に建築された西側の袖廊。
シンプルな造りの木造天井が、古そうでいいですよね。
こんなに色彩が残っているもんなんだなぁ。
c0025187_01125727.jpg
お隣のゴシック礼拝堂より、断然落ち着きますね。
ここを残しておいてくれて、よかったです。
c0025187_01162451.jpg
司教座席の丸窓のなんと神々しい設計よ。
ここでミサやっているところ、見てみたいなぁ。

c0025187_22300207.jpg
約束の時間がせまってきました。
そろそろ市内中心部へ戻ることにしましょう。
さようなら、聖エメラム!また来るからね。
c0025187_22312395.jpg
小走りに大聖堂まで戻ります。
大聖堂の横にちょこんとあって(失礼)
ただ通り過ぎるだけだった「聖ヨハン教会」にも寄ってみましょうか。
c0025187_22425348.jpg
1127年、司教コンラートによって創建された教会です。
1766年に再建されて、現在のシンプルな姿を残しています。
内装に統一感が感じられないのは、様々な時代の集合体だから。
c0025187_22432922.jpg
パイプオルガンなんて、2004年製ですって。
教会って、こんなふうにシャンデリア下がってましたっけ。
あれ?そもそも教会の照明ってどんなんだっけ?
ここにきて、ゲシュタルト崩壊しつつある私。
c0025187_23131802.jpg
「難民の少年のためのドイツ語」を見学する時間が迫っています。
聖ヨハンを数分で出て、足早に友人との待ち合わせ場所に向かいました。
この授業の紹介は省略しますが、とても貴重な体験をさせて頂きました。
関係者の皆様、その節はありがとうございました。
c0025187_23092946.jpg
授業終了後は、友人と恒例のおしゃべりタイムです。
ディッカーマンに移動して、簡単な昼食をとりました。
c0025187_23113134.jpg
お腹がすいていないので、クリームスープだけ注文。
でもサイズはディッカーマンなんですよね。
まあ最後まで、たいらげましたけどね。
c0025187_23150989.jpg
食後には「聖カシアン教会」へ。
市内中心部のデパートの横にあり、前を通り過ぎるばかりで、
私はこれまで中には一度も入ったことのない教会です。
数年前に補修が済んで、美しく生まれ変わったばかりなんですよね。
c0025187_23185660.jpg
旧礼拝堂と聖エメラムと並んで、市内最古の教会の一つです。
ロマネスク様式で建てられた古いバジリカ式会堂ですが、
内部は18世紀特有のロココ様式で派手に装飾されています。
外の騒がしいバイオリン演奏と、中の静寂さとの対比が印象的でした。
c0025187_23292971.jpg
すぐそばに立つのが、「ノイプファル教会」です。
中世まで、この広場にはユダヤ人ゲットーが建っていました。
1519年に、市民によってゲットーとユダヤ人教会が破壊されると、
その跡地に、市内初のプロテスタント教会として建てられたのです。
c0025187_23363208.jpg
プロテスタントなので、めったに中には入れません。
でもこの日はたまたま扉が開いていたので、入れました。
うーむ、最初からカトリックだった歴史がないから、
本当に無駄な装飾のないシンプルな造りなんですね。
暗いなぁ~(シャンデリアはもちろんついてないなぁ)
c0025187_23361659.jpg
ここでいったん教会見学は終了です。
若者達と合流して、市内の高校見学に行きました。
浴衣の着付けをしたりして、またもや素晴らしい体験をしました。
ありがとう、ありがとう。本当に行ってよかったよー!
c0025187_23432087.jpg
授業のあとは(高校生とではありませんが)
この日もまたドイツ人と合流してお食事会です。
お食事会の様子は、割愛させて頂きますね。
駆け足でまわりましたが、レーゲンスブルクは今日で最後。

よくまあこんな分刻みのスケジュールに、
若者達は昼も夜もおつきあいしてくれましたよ。
みな喜んで参加してくれたので、私も嬉しかったです。

さあ、これが最後の夜です。
たくさん食べて、たくさん飲みましょう!
レーゲンスブルクにかんぱーい!

[PR]
by ottohoefler | 2016-04-13 23:54 | 旅行(Reisen) | Comments(0)


見てるだけでシアワセな気分になれる身のまわりのモノたちをおひろめしています


by ottohoefler

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介・リンクについて
ケメ子が一番(Katze)
旅行(Reisen)
ヴィンテージ
家具・雑貨
和の器
ファイヤーキング
オールドパイレックス
映画
かわいいもの発見
おいしいもの発見
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧